アスペルガー症候群 特徴

スポンサード リンク



アスペルガー症候群の一番大きな特徴

 

アスペルガー症候群は、知的障害のない自閉症と呼ばれていますが、当然個人差はあります。しかし、多くのアスペルガー症候群の人たちにみられる一番大きな特徴として挙げられのは、他人とのコミュニケーションが非常に苦手であるという点です。これは、親兄弟などの身内でも同じです。

 

アスペルガー症候群の障害を持っている人が、他人とのコミュニケーションが苦手となる理由は、抽象的なことを理解する感性が欠如している傾向にあるためです。例えば、他人の表情などから、「悲しい」「怒っている」「嬉しい」などの感情を察することが苦手なのです。

 

このような障害を持っているため、相手を傷つけるようなことを言ってしまっても、それに気付けず相手の気分を害したままにしてしまうこともあります。

スポンサード リンク


アスペルガー症候群の羨ましがられるほどの特徴

 

アスペルガー症候群

アスペルガー症候群の人は、特定のモノに対してかなり強烈に興味をしめします。その興味を持ったモノに対しては、尋常でないほどの集中力を発揮します。そのため小学生であっても、大人たちがビックリするくらいの豊富な知識を持っていたりします。

 

歴史上の有名な人達の中には、その尋常でない集中力などからアスペルガー症候群だったのでは…と言われている人は何人もいます。

 

そのため、アスペルガー症候群の人たちのことを天才だというイメージで捉えている人もいるくらいです。

 

アスペルガー症候群の特徴一覧

 

アスペルガー症候群 専門医

アスペルガー症候群であるかどうか…、これは専門医でなければ診断できません。決して、素人判断はしないで下さい。ただ、専門医に診てもらう根拠が欲しいと思われる方も多いため、アスペルガー症候群の特徴を下記に紹介しておきます。

 

もし、下記の特徴でいくつか気になる点があるのであれば、一度専門医に診てもらうことをお勧めします。専門医であっても、診断に違いが出ることもあるくらいですから、くれぐれも自分だけの判断で決めつけないようにして下さい。

 

アスペルガー症候群の特徴

 

心 読めない

他人の心が読めない

 

会話 成り立たない

会話が成り立ちにくい

 

ものまね 苦手

ごっこ遊びやものまねが苦手

 

表現 理解できない

間接的な表現が理解できない

 

コミュニケーション できない

ジェスチャーなどの非言語的なコミュニケーションができない

 

騙されやすい

だまされやすい

 

友達 できない

年齢相応の友だちができない

 

他人 分かち合えない

喜びや興味を他人と分かち合えない

 

柔軟 行動できない

状況に応じて柔軟に行動できない

 

強い 関心

特定の物事に強い関心をもつ

 

まとめること 苦手

物事をまとめるのが苦手

 

整理整頓 苦手

生理整頓が苦手

 

準備 できない

計画・系統だった準備ができない

 

はさみ おはし 使えない

はさみや箸をうまく使えない

スポンサード リンク


アスペルガー症候群の特徴と対応

 

アスペルガー症候群は、上記のように様々な特徴があり、個人差がありますから、ひとことで説明できるモノではありません。しかし、いずれの場合であっても、対話することによって社会に適応できるように導いていくことができます。

 

特に、他人とのコミュニケーションが上手くとれるように導いてあげる必要がありますので、アスペルガー症候群の人の感じていることや考えていることを聞いて、それを元にアドバイスしていけば子供でも成人でも、少しずつ対応能力を高めてあげることができます。

 

たとえば、「そのとき、どんな風に感じたのか?」などを聞いた上で、「そんな言い方をすると、相手の人は気分を害するものなんだよ」などと、ひとつひとつ教えてあげれば、少しずつコミュニケーションの取り方もコツが掴めるようになるはずです。

 

その辺りのことは、経験者の話が一番参考になります。アスペルガー症候群の小学生の子供を持つ親御さんたちが、どのように子供に接して、どんな風に良い方向へと導いていたのかを紹介しているモノなどもたくさんあります。

 

上記で、「自己診断せず医師に相談をするように…」と説明はしましたが、多くの方は「医師に診てもらう前に、とりあえず自分たちで何とかしたい」「医師に相談したが上手くいかない」など、病院へ行かずに改善させる方法を探している人も少なくありません。

 

そのような方のために、アスペルガー症候群を改善・克服した情報はたくさんあります。それらの全てが万人に効果を発揮するとは言えませんが、確かに改善・克服した人たちがいるのも事実です。どれが合うのかは試してみなければ分からないのも事実ではありますが出来るところから始めれば良いのです。

 

それで、納得できるモノであれば是非続けてみて下さい。アスペルガー症候群の方でも、結婚して生活な生活を送っている人は大勢いますし、仕事なども含め充実した生活を送っている人も大勢います。決して諦める必要はありません。

スポンサード リンク



 

 

 

 

アスペルガー症候群は個人差が大きいため一概に言えないのですが、アスペルガー症候群である人の多くは、他人とのコミュニケーションが上手くとれないという特徴があります。それは、他人の曖昧な表現や、他人の顔の表情などから相手の気持ちを察することが苦手であるからです。例えば、他人が微笑んでいても、なぜ微笑んでいるのか理解できなかったり、他人が怒っていても、なぜ怒っているのか理解できずに、他人に不愉快な思いをさせることが少なくありません。他人が怒っている場合などでは、余計に怒らせてしまうことにもなるでしょうね。それでも、アスペルガー症候群の人は、なぜ怒っているのかピンと来ないのです。簡単に言えば、他人の心を読めないということですね。アスペルガー症候群でなくても、そういうことが苦手な人はいますが、それとは比較にならないほどのモノです。あと、特定のモノに、非常に強い関心を持つ場合がよくあります。そのため、関心を持った分野だけは、普通の人では敵わないほどの能力を発揮する場合が少なくありません。それは、幼稚園児や小学生であっても、年齢に不相応なほどの高い能力を発揮することが珍しくありませんから「アスペルガー症候群=天才」というイメージを持っている人もいるくらいです。そのように高い能力を発揮するくらいですから、アスペルガー症候群は「知的障害のない自閉症」と解説されている場合もあります。しかし、他人の気持ちを察することが出来ず、他人と上手くコミュニケーションが取れないため、学校では友達が出来ないばかりか、イジメに遭うこともありますし、会社では上司の言わんとすることが汲み取れず、仕事に支障が出る場合もあります。しかし、アスペルガー症候群であっても、バリバリ仕事をしている人はいますし、結婚している人も大勢いますので、アスペルガー症候群だからといって悲観することはありません。親やまわりの支援によって少しずつでも改善していくことは可能です。ただ、ネットや本だけの知識で全てを判断せず、必ず専門医と相談するようにして下さい。アスペルガー症候群は個人差がありますので、一方通行で得た知識だけで判断すると、間違った判断をしてしまう場合がありますので…。





 

アスペルガー症候群の対応方法

アスペルガー症候群

アスペルガー症候群は、一朝一夕で簡単に改善できるモノではありませんが、まわりの人達の支援によって良い方向へ導くことができます。根気も忍耐も必要にはなりますが、ゆっくりで構わないので一歩ずつ一緒に歩んであげて下さい。